子供へのボウリングの教え方

子供へのボウリングの教え方

子供にボウリングを教えてあげたいけど有効なアドバイスの仕方がわからない、という親御さんへ、子供に教えてあげておいてほしい項目をまとめました。

 

 

ボールの重さに気を使おう

まず本当に基本的なところですが、ボールの重さには気を使ってあげましょう。

 

筋力の弱い子供ですから、筋力に見合わない重さのボールを無理して投げると手首や肘を痛めてしまいます。

 

子供用の軽いボールを別個に用意してあげるといいでしょう。

 

また軽いボールであっても腕力だけで投げようとすれば痛めてしまう可能性があります。

 

なので【ボウリングにおけるリリース時の手首の意識】で紹介しているような手首の使い方を教えてあげてください。

 

ボールの重みをうまく活かしたフォームで投げることができれば子供の筋力でも怪我をすることはありません。

 

あとは大前提として最初にマナーとルールを教えてあげましょう。

 

ボウリングはあまりにふざけてやってると怪我につながります。

 

スペアを重視させよう

あと子供はどうしてもストライクを狙いにいくと思いますが、ストライクよりもスペアが大切なのだということを教えてあげましょう。

 

ストライクというのはボールの威力が必要ですが、スペアは不要です。

 

よって力のない子供が高得点を狙うならスペア狙いでいくほうが得策です。

 

ストライクはあくまでおまけで出たらラッキーくらいに教えておいてあげましょう。

 

上位者の世界ではスペアばかりではスコアは頭打ちですが、まだ未熟な子供がそんな世界のことを気にする必要はありません。アベ180~190くらいまではスペアが重要です。

 

ストライクを狙うのはそれくらい出せるようになってからがいいでしょう。

page top