ボウリングのマナー違反「ロフトボール」とは

ボウリングのマナー違反「ロフトボール」とは

ボウリングのロフトボールとはどういう意味ですか?

 

 

ボウリングのロフトボールというのは投球の際にボールを上に投げてしまいどすんと落とす投球ミスのことを指す用語です。

 

大きい音がして周りの迷惑ですし、衝撃が強いのでレーンとボールを傷めてしまいます。マナー違反とされている行為なのでやってしまわないようにしましょう。

 

意図的にやるのは論外として、初心者ならば誤ってロフトボール気味のボールを投げてしまうことはよくあります。

 

原因としてはボールを強く握りすぎていたり、リリースのタイミングや投げ方に問題がある場合がほとんどですね。

 

ロフトボールは使えない!

そもそもロフトボールはレーンへのダメージとか迷惑云々以前に、有用性が全くありません。着地時に強い衝撃でスピードにブレーキがかかってしまい有効なピンアクションは望めないでしょう。

 

カーブボールを出そうとサムレス投球する人もいますが、これも初心者がやるとボールが上にあがってしまいロフトボール気味になってしまうことが多いです。おそらく「転がせる」というよりも「投げる」という意識が強すぎるのでしょう。

 

上手い人がやるとロフトさせずにリリースすることができますので、サムレスをやる前に上手い人のプレイを観察してみることをおすすめします。

 

 

page top