ボウリングの投げ方・投球フォーム

ボウリングの投げ方・投球フォーム

「ボウリングの投げ方・投球フォーム」に関する記事をまとめています。

ボウリングの投げ方・投球フォーム記事一覧

ボウリングのストライクの取り方のコツを紹介しています。ストライクのコツ最初の1投で10本全てのピンを倒すストライク。成功すれば気持ちいいし格好いいのですがそう簡単ではありません。初心者がハウスボールを使ってストライクをとりにいくのは難しいでしょう。コツをつかむには同じハウスボールを使っている上手い人の投げ方をひたすら研究したり教えをこうことが近道です。確実なストライクの取り方これは初心者の方向けで...

ボウリングのリリース時の手首の意識は非常に重要なポイントです。良いリリースとは良い手首の状態のことといってもいいくらいです。リリースの一連の流れは以下の3つの要素に分けられます。当てる親指の方向のこと。親指の方向が何時に向いているかを表す。押す手首をまっすぐにしているか・回すかを表す。振り切る投球直後の動作のことである。このうちで最も手首の動作が重視されるのは「押す」要素の時ですね。ようするにどの...

ボウリングにおいて指穴から親指を抜れないで投げる投法があります。俗に言うサムレス投法のメリットや投げ方、コツについて解説しています。カーブのコツは親指を抜くサムレス投法にありはじめから親指(サム)を抜いてカーブを投げる「サムレス投法」という投法。投球までは手のひらにボールを乗せるようにして、投球時は手のひらからボールをこぼすようにフィンガーにかける投げ方です。まあ言葉でいってもわかりにくいかもしれ...

ボウリングにおけるカーブの投げ方のコツについてアドバイスさせて頂いています。カーブをかける理由右利きの場合1番ピンと3番ピンの間に3~6度の角度でボールが当たればほぼ確実にストライクになるといわれています。そしてその角度を生むにはボールをカーブさせる必要があります。だからみんなカーブを会得したいのですね。こういったストライクを確実にだすための理論は他にもいくつかあってそれらのことを「パーフェクトス...

ボウリングのサムレス投法の投げ方のコツを紹介しています。サムレス投法とは親指をサムホールから抜いた状態で投球を行うことをサムレス投法といいます。「親指(サム)なしで(レス)」だからサムレス投法というわけですね。サムレス投法は中〜上級者向けのテクニックです。親指を抜くタイミングや手首の角度などが難しい上、肘や手首への負担が大きく初心者が下手に連発すると故障のもとになるのです。サムレス投法の投げ方投げ...

.ボウリングのストレートの投げ方のコツを教えてください。ストレートボールとはストレートボールはその名の通りボールを直進させるための投球方法です。進行方向に回転がかかっており、最もベターな投げ方といえると思います。横方向に対してほとんど摩擦がかからないので曲がることがありません。ストレートボールはレーンのコンディションに左右されないというメリットがあります。例えばレーンのオイル量が少なくて曲がりまく...

ボーリングの中〜上級テクニックの1つフックボールの投げ方についてアドバイスをしています。フックボールとはフックボールというのは簡単にいえばボールを曲げる技術のことです。ストライクというのはポケットに対して角度があったほうが生まれやすいの重宝される技ですね。同じ曲げる技でもカーブボールがありますが、カーブボールとフックボールは微妙に違います。カーブボールというのは指から離れた瞬間からポケットにヒット...

ボウリングの両手投げのコツを教えてください。ボウリングにおける両手投げのメリットそもそもどうして両手投げをするのかというと、両手で投げることでボールに回転がかけやすくなるためです。ボールに高速回転がかけられればカーブボールやフックボールが投げられます。ストレートボールだけではストライクやスペアを高確率でとるピンアクションは望めないので会得しておいて損はない技術です。両手投げのコツとは両手投げはいわ...

親指の抜き方は非常に重要です。とくにカーブをかけるときは親指を抜くのが下手だとうまく回転をかけることができないでしょう。親指がうまく抜けない理由指の抜けには初心者の誰もがつまづく壁だと思います。とくに親指の抜けが悪くなってしまう原因としては手首が極端に内側に折れ曲がってしまっているボールを強く握りすぎているサムホールが大きすぎまたは小さすぎなどが考えられます。最初の二つは意識しだいです。最後のサム...

ボウリングの横回転の投げ方を教えてください。ボウリングの横回転ボウリングにおいて回転の概念を知ることは腕を磨いていく上で非常に大事なことです。とくに横回転というのはストライクをとるのに必要な入社角度(3~6度の角度)を作りやすいです。ただその反面投げる方向と親指の向きが異なるので、コントロールがしづらいというデメリットがあります。そのため横回転を使いこなすには、それなりの練習量を積んでコントロール...

ボウリングには様々な投げ方(軌道)の種類があります。それぞれの投げ方(軌道)の特徴や強みなどを紹介しています。ストレートボールストレートボールはボールを直進させるための投げ方です。進行方向に回転がかかっています。ボウリング場で貸し出されるハウスボールはこのストレートボールを投げやすいというメリットがあります。カーブボールボールが指を離れてからポケットに入るまで弓なりの軌道を描きながらカーブします。...

ボウリングの変化球の投げ方をアドバイスしています。変化球の必要性どうして変化球を出す必要があるのかということからお話しましょう。これは単純にまっすぐ投げただけでは全てのピンを倒すのは難しいためです。例えばボウリングにはパーフェクトストライク理論といわれる確実にストライクを出す為の進入角度回転速度などの条件を定めた理論があるのですが、これは変化球なしでは成立しない理論なのです。ストライクでなくとも、...

ボウリングの逆回転ボールの投げ方を教えてください。ボウリングにおける逆回転とは逆回転というのは簡単にいえば投げたボールが進行方向とは逆方向に回転するボールのことです。当然スピードが抑えられてしまいますので、重いピンに弾かれてしまい有効なピンアクションは望めません。強烈な逆回転をかけたとしたらレーンのオイルが切れたあたりから急ブレーキがかかるような感じになります。2-8-10の高難易度スプリットメイ...

ボウリングが上手くなりたいという初心者の方へ投げ方のコツについてアドバイスさせて頂いています。自分に合ったボールを選ぶことまず大前提として自分に合ったボールを選ばなければいけません。なおボウリング場で貸し出されるハウスボールであることが前提です。投げやすいかどうかの判断基準は重さや指穴です。たくさんあるハウスボールに指穴をいれて実際にもってみましょう。中指と薬指を穴に入れてみて、その2本でボールを...

あまり意識する人はいないであろうボウリングにおける人差し指の役割を紹介しています。また人差し指が痛くなるという人へ原因と対処法を紹介しています。人差し指の役割ボウリングにおいて人差し指は重要な役割を担っています。ずばりボールの回転とは人差し指の存在は密接な関係があります。人差し指を離して小指をつける投げ方をすると曲がりは大きくなりますし、逆に人差し指を中指につけて小指を離す投げ方をすれば曲がりは少...

ボウリングにおけるあまり喜ばしくない状態「スプリット」とは何か、またその取り方などについてアドバイスしています。スプリットとはボウリングにおけるスプリットというのは、1投目でヘッドピンが倒れ、残った2本異常のピンが1本異常の間隔で離れている状態のことを指しています。ピンの配置方法によってスプリットには色々な形がありますが、どんな配置だろうと中間が抜けて離ればなれの状態になったピンを倒すのは至難の業...

ボウリングにおけるフィンガーチップという投げ方の特徴を紹介しています。フィンガーチップとはフィンガーチップというのはボールの投げ方(握り方)の一つで、主に上級者が採用しています。初心者の方やハウスボールを使用する場合は、コンベンショナルグリップといって親指を根元まで入れて中指・薬指は第二関節まですっぽりといれる握り方をするのが最も一般的です。それに対してフィンガーチップというのは中指・薬指を第一関...

ボウリングにおけるローダウン投法について解説しています。ローダウン投法とはローダウンというのはリリースの種類の一つです。手首と肘を内側へ曲げてスイングするので、そのしなりを利用して普通よりも回転と球速が加わります。降りてくるボールを重力に逆らわずに転がすことになるので、最大の球速と回転が実現できるのですね。PBAの選手は普通に使っている投法ですが、あの凄い回転はこの投法だからこそ生まれるのです。※...

ボウリングにおけるレーンオイルの変化の傾向や読み方の基本を紹介しています。これを知るのと知らないのとではスコアの伸びが月とスッポンほど違います。レーンオイルとは何かレーン上には表面保護の為にオイルがひかれていますが、このオイルコンディションによってボールの曲がり方が変化します。例えばオイルの量が多ければレーンとの摩擦が小さくなりボールは曲がりにくくなります。逆にオイルの量が少なければレーンとの摩擦...

ボウリングにおけるロールアウトというのはスコアを上げていく為の厄介な現象です。今回はそのロールアウトがそもそもどういう現象なのか、ということとその対策を紹介したいと思います。ロールアウトとはボウリングにおけるロールアウトというのはボールが進行方向と同じ方向に縦回転しながら転がることです。これはつまり縦回転のみの死球になることを意味しておりボールが曲がらなくなるので全く喜ばしくない状態です。ボールの...

ボウリングでカーブボールを投げたいけどボールが回転しない!とお悩みの方が多いようです。確かにボールが回転しないとボールは曲がりません。どうしてボールが回転しないのでしょうか。回転は手首でかけるのではない?私も最初の頃はボールがレーンつるつると滑っているだけって感じで回転なんてかけられませんでした。なんでかというと回転は手首をひねってかけるものだと勘違いしていたからなんですね。実はボールの回転は手首...

ボウリングにおいて投球するときの目線についてです。目線についてはボールの軌道をコントロールし、狙いを安定させるには非常に重要な考え方です。目線の送り方目線についてですが、初心者はずっとピンに目線を集中させたまま投げている人がおおいです。ですが上手い人で初めから一点を見つめたままという人はあまりいません。目標が定めにくくなるからです。配置についた時の目線はピン。そしてそこからスパット(手前にあるター...

ボウリングで親指の抜けが悪くて思うようにボールがコントロールできないという人は多いです。経験者なら多くの人が経験するであろう悩みですね。今回は抜けない原因と対処法について解説したいと思います。親指を曲げてしまっている?親指を曲げてしまっている可能性もありますね。これも当然抜けを阻害してしまいます。これって意識していてもなかなか治らないんですよね。重いボールでバックスイングをすると落とすまいとして無...

ボウリングで左利きというのは希有な存在ですが左利きだと右利きとどういった違いがあるのでしょうか。今回は左利きのメリットやデメリット、投げ方などを紹介しています。左利きのメリットとは左利きのメリットとしてよく言われるのはレーン変化が遅いことです。ゲーム中にラインを変える必要がありません。ほとんどのレーンでは左右対称にオイルが入っていますから、右利きの人がほとんどの中、左利きだとオイルが荒らされにくい...

ボウリングをすると毎回のように親指の爪が割れてしまう人がいます。単に爪が長すぎるというのなら切れば解決ですが、そうでないのに欠けてしまうという場合、何が原因か困りますよね。原因1 リリース時の親指の角度リリース時に親指が下に向きすぎていることに原因があることも。つまりボールを落とし気味に投げてしまっています。それでボールの落下の衝撃を親指の爪が受けてしまっているのでしょう。これを防ぐにはボールをリ...

ボウリングでかなりよくある故障として指の痛みがあげられます。この指の痛みは何故起こるのか、原因や対処法を紹介しています。初心者が指を痛める原因自分の筋力や体格に見合うボールを選ばないと繰り返しの投球で指を痛めることがあります。ボールの重さは自分の体重の1/10が目安です。また指のサイズにホールがフィットしていないとこれもまた痛める原因になります。ハウスボールを使うなら自分の指のサイズに合うボールを...

ボウリングボールの握り方の種類を紹介しています。初心者・中級者・上級者ごとに向いた握り方があることを知っておきましょう。ボールの握り方の種類まずボールの握り方には大きく分けて3種類あります。コンベンショナルグリップセミフィンガーグリップフィンガーチップの3種類です。それぞれについて以下で解説していきます。コンベンショナルグリップまずコンベンショナルグリップは初心者向けで最も基本的な握り方です。親指...

ボウリングにおける助走の歩数についてです。様々な意見がありますが何歩助走するのが理想的なのでしょうか。基本形はあくまで4歩何歩くらいが適切なの?という質問をよくみかけます。4歩、6歩、7歩、色々な答えがあり得ると思いますが基本形はあくまで4歩助走です。1歩目でボールと一緒に右足を出し、2歩目で左足を踏みだし、3歩目でバックスイングからフォワードスイングに以降し、4歩目でフォワードスイングからリリー...

page top