ボウリング投げ方種類

ボウリング投げ方種類

ボウリングには様々な投げ方(軌道)の種類があります。それぞれの投げ方(軌道)の特徴や強みなどを紹介しています。

 

ストレートボール

ストレートボールはボールを直進させるための投げ方です。進行方向に回転がかかっています。ボウリング場で貸し出されるハウスボールはこのストレートボールを投げやすいというメリットがあります。

 

 

カーブボール

ボールが指を離れてからポケットに入るまで弓なりの軌道を描きながらカーブします。ストライクというのはある程度の角度があったほうが圧倒的にでる確率が高いのです。コントロールは難しく失敗すればガターになります。

 

フックボール

指から離れてからピンの近くにくるまではほぼ直線ですが、ピンの直前で急激な曲がり方をするというのがフックボールです。回転数・スピード・指を離すタイミングなどを考慮しなければいけないため中〜上級者向きのテクニックです。

 

バックアップボール

フックやカーブとは反対に曲がるボールです。プロでやる人もいますが、あまり安定しない投げ方なので好んで使う人は少ないと思います。

 

 

 

page top