ボーリングの変化球の投げ方

ボーリングの変化球の投げ方

ボウリングの変化球の投げ方をアドバイスしています。

 

変化球の必要性

どうして変化球を出す必要があるのかということからお話しましょう。これは単純にまっすぐ投げただけでは全てのピンを倒すのは難しいためです。

 

例えばボウリングにはパーフェクトストライク理論といわれる確実にストライクを出す為の

 

  • 進入角度
  • 回転
  • 速度

 

などの条件を定めた理論があるのですが、これは変化球なしでは成立しない理論なのです。

 

ストライクでなくとも、ボウリングにおいてハイスコアを出す為には、変化球によって角度をつけることで初めて成立する連鎖的なピンの倒れ方が鍵になります。

 

 

ハウスボールでの変化球は難しい

またハウスボールで変化球を出すことは非常に難しいです。

 

ハウスボールはプラスチック素材であり、直進性には優れていますがカーブはしにくいです。角度をつけられたとしても1~2度程度が限界です。

 

変化球を自在に生みだしたいのならマイボールがどうしても必要になります。

 

変化球を出しやすいサムレス投法について

サムホールから親指を抜いた状態でボールを投球することをサムレス投法といいます。親指を抜いていたほうが、フィンガーにかけやすいので容易に回転がかけられて変化球も出しやすくなります。

 

変化球の出し方についてはこちらの動画がわかりやすいです。

 

 

page top