ボウリングにおけるボールの握り方の種類

ボウリングにおけるボールの握り方の種類

ボウリングボールの握り方の種類を紹介しています。初心者・中級者・上級者ごとに向いた握り方があることを知っておきましょう。

 

ボールの握り方の種類

まずボールの握り方には大きく分けて3種類あります。

 

  • コンベンショナルグリップ
  • セミフィンガーグリップ
  • フィンガーチップ

 

の3種類です。それぞれについて以下で解説していきます。

 

 

コンベンショナルグリップ

まずコンベンショナルグリップは初心者向けで最も基本的な握り方です。親指を根元まで入れて中指・薬指は第二関節まですっぽりといれてしまいます。レンタル用のハウスボールを使う場合はこの握り方をおすすめします。初心者の方もまずはこの握り方でコントロールを身につけましょう。

 

セミフィンガーグリップ

これは中級者向け。中指と薬指を第一関節、第二関節の中間まで入れる握り方です。指が抜けやすくなりコントロール性が向上し変化球にも向いています。ただ関節の中間部分で握るので指を痛めやすいので、テーピングをおすすめします。

 

フィンガーチップ

これは上級者向けの握り方でプロに多いです。コントロール性はセミフィンガーよりも向上するものの、中指・薬指を第一関節までしか入れませんので握力がない人はやろうと思ってもできません。

page top