ボウリングにおける筋肉痛ケアの方法

ボウリングにおける筋肉痛ケアの方法

ボウリングで筋肉痛になってしまったのですが、どのようにケアをすれば良いでしょうか?

 

筋肉痛を予防するには

筋肉痛を予防するにはボウリングの前後の柔軟体操が重要になってきます。

 

ボーリングをする1時間前には足や腕のストレッチやマッサージなども念入りにして筋肉を伸ばしておくといいです。

 

あと筋肉痛になるのは腕に無駄な力が入ってしまっている場合にも多いので、自分のフォームが正しいかどうかおさらいしてみるのも大切だと思います。

 

たとえば腕を使って投げすぎている人は肩を傷めやすいです。ボールの重さを利用し肩を支点に振り子のようにスイングすれば肩の負担を最小限にとどめることができます。

 

 

最初のほうは筋肉痛になるのは致し方ないことです。ボーリングでは7kgもあるボールを片手一本で投げなければいけないのですから負担がかかるのは避けられません。

 

 

筋肉痛になってしまったら

筋肉痛になってしまったら動きたくないかもしれませんが、本当に軽めの運動でいいので少しは動くようにしましょう。

 

軽いジョギングやウォーキングで血行を促進させて筋肉痛の原因である乳酸を排出しやすくすることができます。

 

あとはYoutube動画などで自分でできる筋肉痛対策のストレッチ方法がいろいろ紹介されているので参考にしてみましょう。

 

 

page top