ボウリングにおけるリリース時の手首の意識

ボウリングにおけるリリース時の手首の意識

ボウリングのリリース時の手首の意識は非常に重要なポイントです。

 

良いリリースとは良い手首の状態のことといってもいいくらいです。リリースの一連の流れは以下の3つの要素に分けられます。

 

当てる

親指の方向のこと。親指の方向が何時に向いているかを表す。

 

押す

手首をまっすぐにしているか・回すかを表す。

 

振り切る

投球直後の動作のことである。

 

このうちで最も手首の動作が重視されるのは「押す」要素の時ですね。

 

ようするにどのような手首のの状態でボールを保持するか、です。

 

親指が10時方向の場合はそのままの状態で振りぬきますが、親指が12時方向の時は反時計まわりに10時方向に手首を回すのがポイントです。

 

やってはいけない回し方はこの時にハンドルのように回してしまうことです。これをすると振り子のエネルギーを相殺してしまうことになるので威力が出ません。

 

また指に力を入れすぎてしまうと、手首をいためてしまう原因になりますので、リリース時は軽く握手するくらいの感覚が大事です。

page top