ボウリングのフィンガーチップという投げ方の特徴

ボウリングのフィンガーチップという投げ方の特徴

ボウリングにおけるフィンガーチップという投げ方の特徴を紹介しています。

 

フィンガーチップとは

フィンガーチップというのはボールの投げ方(握り方)の一つで、主に上級者が採用しています。

 

初心者の方やハウスボールを使用する場合は、コンベンショナルグリップといって親指を根元まで入れて中指・薬指は第二関節まですっぽりといれる握り方をするのが最も一般的です。

 

 

それに対してフィンガーチップというのは中指・薬指を第一関節までしか入れない握り方です。

 

こうすることでボールの抜けが良くなり、コントロール性は向上するものの、第一関節だけでボールを負担することになるので、握力がない人やコントロールが未熟な初心者はやろうと思ってもうまくいきません。

 

無理してやれば怪我や故障につながるのでくれぐれも無茶をしないでくださいね。

 

指が抜けやすいということはその分不安定ということですから難易度が上がるのは必然です。初心者の場合はまずコンベンショナルグリップで安定してコントロールできるようになることを優先したほうがいいでしょう。

page top