ボウリングボールのメンテナンス方法

ボウリングボールのメンテナンス方法

ボウリングボールのメンテナンス方法(手入れ)を紹介します。オイル抜きとは何なのか、活性クリーナーの役割など重要なことをお話しています。

 

ボウリングボールのメンテナンス方法

ボウリングボールのメンテナンスは大切です。ボウリングボールのメンテナンスに使う道具や具体的な方法などを紹介していきたいと思います。

 

オイル抜きとは

近年のボールには目に見えないほどの細かい穴があり、そこからオイルを吸収することでレーンキャッチが良くなります。つまりレーンのオイルの影響をうけにくくなるのです。

 

ただ繰り返し使うことでこの穴が詰まってきてボールの性能が低下してきます。そうならないために穴からオイルを抜くのがオイル抜きです。

 

とくに最近のボールは曲がりがよく出るというメリットがある反面、オイルの吸収も早いので劣化のスピードも速まります。

 

 

活性クリーナーを使おう

活性クリーナーはオイル抜きや汚れをふき取るためのクリーナーです。

 

ボールに吹きかけてタオルなどで拭き取って使用します。メンテナンスはゲーム終了後※は必ず行うのが基本で、クリーナーをたっぷり吹きかけて30秒後くらいにタオルで拭き取ります。

 

※ちなみに試合途中でクリーナーを使うのは違反になりますので注意しましょう。その代わりスプレーしたタオルで拭くことは認められています。

 

 

 

page top